「エラゴン」映画化でパリポタ目指す

ここでは、「エラゴン」映画化でパリポタ目指す に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



米国の人気ファンタジー小説「エラゴン 遺志を継ぐ者」が、実写で映画化される。原作は全3部作で、ほか2作の映画化も決定。「ロード・オブ・ザ・リング」「ハリー・ポッター」「ナルニア国物語」など、人気シリーズ小説を原作にした映画が軒並みヒットを飛ばしている中、新たなファンタジーシリーズがスクリーンに登場する。

 原作はクリストファー・パオリーニ氏(22)が15歳の時に書き始めた物語。03年に両親が自費出版したところ口コミで評判が広がり、新人作家にもかかわらず全米で300万部を売り上げた。

 約40カ国で翻訳され、日本でも04年4月に発売。第2弾「エルデスト 赤き宿命の翼」も昨年11月に発売され、ファンタジーファンを中心に注目を集めている。

 現在執筆中の第3弾を含む3部作で、フォックス2000ピクチャーズがすべての映画化権を獲得。パオリーニ氏は「もともと映画のストーリーとして思いついた作品なので、わくわくしている」と大喜び。

 貧しい農場で暮らす少年エラゴンが、竜や仲間と帝国を支配する邪悪な王に立ち向かうため旅に出る物語。エラゴン役には18万人の応募者の中から、英国の新人俳優エドワード・スペリーアス(17)を抜てき。エラゴンの師匠役でジェレミー・アイアン(57)、帝国の支配者役でジョン・マルコヴィッチ(52)らが脇を固める。

 メガホンを取るのは、ジョージ・ルーカス監督(61)が設立した視覚効果専門会社「ILM」に15年間在籍したシュテフェン・ファンマイアー監督(45)。「ツイスター」(96年)などで英アカデミー賞を受賞、米アカデミー賞候補になったこともあり、ルーカス監督も「彼は視覚効果の天才。“エラゴン”も素晴らしい仕上がりが期待できる」と太鼓判を押している。

 「少年が主人公」「冒険ファンタジー」など、「ロード・オブ・ザ・リング」などと共通項も多く、日本の配給元である20世紀フォックスは「“ハリポタ”や“ロード”を超えたい」と意気込む。昨年8月にハンガリーで撮影が始まり、12月に全世界で同時公開予定。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。