ケイト・ベッキンセール

ここでは、ケイト・ベッキンセール に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケイト・ベッキンセール
1973年7月26日、英国・ロンドン生まれ。

アメリカに活躍の場を移し、クロエ・セヴィニーと共演した『ラスト・デイズ・オブ・ディスコ』('98)、クレア・デインズと共演の『ブロークダウン・パレス』('99)などに出演。『金色の嘘』('00)ではその演技が高く評価された。降板したシャーリーズ・セロンの代役としてヒロインに大抜擢された『パール・ハーバー』('01)でメジャー・ブレイクした後、『セレンディピティ』('01)など主役級の女優に成長した。2003年には主演作『アンダーワールド』が全米No.1の大ヒット、すでに続編も計画されており、ヴァンパイアのヒロイン “セリーナ”は彼女の当たり役となった。
2002年には、ヒーロー・マガジン誌で“イングランドのナンバー1美女”に選ばれた。
私生活では1999年、俳優マイケル・シーンとの間に女の子が誕生。しかしその後、マイケル・シーンも出演していた『アンダーワールド』の撮影中、監督のレン・ワイズマンとの関係がロマンスにまで発展し、2人は2003年6月に婚約を発表、大きな話題となった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。